春の山菜

タラの芽と山ウド

春の山菜はほのかな苦みと

香りがサイコー

今日はてんぷらにして塩で

いただきます。

画像


今年は、いつもより早く筍も取れた。

取れたての季節の物は

田舎生活の醍醐味

最近の農ギャルブームもうなずける






野草を食べる—山菜ガイド
南方新社
川原 勝征

ユーザレビュー:
食べれる野草。自分の ...
味を重視した野草の本 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

月夜のみみずく
2010年04月20日 02:18
また、お邪魔します。

桜も散ったと云うのに、季節はずれの積雪には驚きましたね。でも春の恵みはきちんと届いているのですね。
採れたての「タラの芽」の天ぷら、なんと贅沢なんでしょう。羨ましい限りです。

今年は筍豊作でしょうか。筍って数年に一度不作年がありますよね。うちの竹藪は京都の料亭と契約しているため、この時期は板前さんを喜ばせたり、悩ませたりで…。
自然の前では、人間なんてちっぽけなものです。

この記事へのトラックバック