わかし→わらさ→いなだ(はまち)→鰤

今日お客さんが来たのでお刺身を

用意した

鰹とわかしを用意したのだが

鰹を写メ取るの忘れ

画像


わかしとは鰤の子供。

鰤は出世魚で、成長するにつれ、

名前を変える。

一番小さいのが一般に「わかし」

次に大きくなると「わらさ」となり、

次が「いなだ」となる。

このいなだも地方によっては、

「はまち」と言う。関西の方では、

はまちの方が一般的。

そして一番大きいのが「鰤」となる。

また、地方によって出世の順番が

違ったりしますが関東の方では、

これが一般かな



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック